男旅(焦った編)

皆様、GWは楽しく過ごされましたか?

GW?なにそれ?って方もおられますでしょうけど、私はゆっくりさせて頂きました。
本日より仕事再開!(休みボケでなかなかエンジン掛からなかったですが)

今年のGWはホントゆっくりのんびり過ごしてました、昨日以外は・・・

すっかり釣りにハマってしまった息子を近所の野池にでも連れて行ってやろうと
ヨネ君に場所を聞き、2つ隣町の野池に行くつもりでした。

しかし、あまりに超テキトーな説明。

「某所を左へあとは真っすぐ!」

「ナビあったら見つかるだろう」


ホンマにこれで行けるんかい。と少々不安になりながらも半ば冒険気分で息子と
向かったのでありました。

この事が後ほど後悔する羽目になろうとは・・・



まず、某所を左へあとは真っすぐ!

ん?どれ?これ?どの道?全然、池なんてないし。
ナビの画面を拡大しつつ、探し回ったら2つの池が画面に現れた。
某所より全然、東にありました。(ヨネの感覚はかなりテキトーだったのを今更思い出したのだった)


ま、ええか。ヒントはもらえた訳やし。


しかし、その場所をナビにセットし走りだしたところ・・・

山道をグングン走らされる。

うん、まあ野池とはこういうとこにひっそりとあるもんだ。

そして、無機質なオネーチャンの 「目的地付近です」

どれ?池どれ?? もしかして、この山道の下?向こう側?
って、道ないし。

まあまあ、山道走ってきたし、来た道戻るのも癪だし。
このまま道に沿って行けば、その池に繋がった道に出れるかもと後ろを振り返らない私は
行く道を進んだのでありました・・・
(ちなみにナビには大まかな道しか出てこないので池までの道は表示なし)


この時点でまだ余裕あり。
息子と二人、釣り話でワイワイわくわくでした。


が、しかし、走っても走っても依然変わらない山道。
ありゃ?こりゃ引き返して別の道からアクセスしたがマシかもなぁ。

ナビにはもう池は出てない。かなり離れてしまったようだ。


でも、引き返そうにもUターン出来る道幅も無いし、場所もなかなか無い。
仕方なしにもう少し先へと進んだ。

すると分かれ道が現れた。


お!これを右に行けば池の方に行けるんじゃないか?
(思えば、ここで引き返してれば、あんな恐怖体験はしなくて済んだ)


脳天気な私は自分の直感を頼りに、そのまま右道へ進んでしまったのでありました。

DSC_1859_convert_20170508210625.jpg

こんな竹林を写真撮る余裕もありました。


ふと、オドを見るとかれこれ20km近く山道を走ってた事に気づく。
ガソリンが少ないのも知ってましたが、近所までちょっとな気分でガソリンも入れてないまま。
すでにE線ちょい上のレベル・・・

ちょっとヤベェかもな。


ここから先は茨の道どころか、修羅の道でした。
写真なんて全然撮る余裕も無い。


道幅は更に狭くなり、所々落石で岩がゴロゴロ・・・
何度も車を降りて、道を阻む岩や木を寄せては進む状況。

あ、ここはかなり人が踏み入れていない道(といえるレベルでは無いけれど)なのだとやっと悟る。
道はアスファルトだとかメントで固められてはなく、倒木、砂利、落石のオンパレード。

普通、シャコタンのミニバンでこんな道を走るってのは、一家心中以外何物でもない。


呼吸を忘れるぐらいに慎重に運転する。
岩を避け、轍の侵入角度を気にしつつ、時にガリガリ、ゴンゴンと嫌~な音を腹下に感じつつタイヤの心配もしながら
進むしかない状況。

ガソリンのランプも点灯を始めた。

息子も状況のヤバさに言葉を発しない。



DSC_1860_convert_20170508210644.jpg

DSC_1862_convert_20170508210657.jpg
唯一の写真はこれだけ。(これでも全然マシな状況。)
実際の道はこんなもんじゃ無いです。
(ジムニーでもノーマルだとキツイかも。人の頭以上の岩がゴロゴロです)


本気のヤバいところは写真なんか全然撮れる状況ではありませんでした。

素っ裸で全然数ヶ月キャンプ出来るぐらいの場所。
いや、キャンプではないな、サバイバルだ。


ガソリン無い、タイヤやばい、携帯入らない。ナビに映らない道
久しぶりに身構えた。

あまりにヤバいを連呼する私を見て息子は、もう顔から血の気が引いていた。(親失格)


そこで、我々が目にしたものは・・・










崖崩れで、道が完全に寸断されちょる~~~





来た道を帰る自信も気力もガソリンも無い。(それ程までに長く過酷な道のりだった)
終わった。もう終わったかもしれん。



しばし、立ち尽くした。

自然の力の前には、なんて人間は無力なのだ。と


隣に座る息子に申し訳ない気持ちでいっぱいでした・・・
家で待つ家族の顔も浮かんだ。(マジで)



でも、やるしかない。帰るしかない。
タバコを1本吸い、覚悟を決めた。


途中、バーストかガス欠になったら車捨てて下山するぞ!
と息子に言い放ち、再びハンドルを握りました。


しかし俺はこんな近所で何やってんだと何度も自問自答。
なんでガソリン入れてこなかったんやぁ~と自分の詰めの甘さを責める。

もうね、ヤケクソでしたよ。
これを乗り切ったらまた成長出来ると(苦笑)


息子にはもう余計な事考えるな、見るな、寝てろ!と
無理矢理、目を潰らせる(笑)


まさか引き戻すなんてまったく頭に無く、途中転がりそうな急斜面を下った事を思い出す。
あれを登るのは、ちょっと無理かもしれん・・・

まあ、ごたごた言うたところで行くしか無いんやけどね。


実際、キツかった。戻る方が全然キツイ!

ふと途中で気づいたのだが、あれ?こんな道通ったっけか?と

いや、違う。明らかに違う道にいつの間にか入ってたのだった。
(そんな分かれ道などなかったハズなのに)



すると、こんな山奥に人が!

軽トラをとめてた、おっちゃんを見つけるな否や

「おんちゃん、ここから国道までどやったら出れる?」

「おまん、どこから来たぜよ?そんな車で」

「いや、多分近所やけど何やかんやで迷い込んでしもうて・・・」

「タイヤ大丈夫かよ?ようこんなとこまで、それで来たのう~」

「この先の分かれを左に曲がってそのまま、ひたすら道なりに行ったら国道に出れるき気を付けていきや~」

「ホンマ?ありがとう!なんぞあったら、おんちゃん助けに来てよ~」

と、おんちゃんが神様に見えたのでした。


息子もなんやらホッとしたのが伝わってくる。


まだ安心は早いぜよ。道はやっと舗装路に出たのだが、ガソリンが持つかどうか・・・(E線を下気味)
そもそもココがどこかわからんし。 国道までの距離も不明。


それでもね、舗装路ってだけで嬉しいし感動!感激!
もうダートは嫌。絶対行かん!


おい!希望が見えてきたにゃ~!
携帯も入るぞ、ここ!!

息子の口数が増えてきた(笑)


まさか、我々がこんな事になっちょるとは家にいる嫁と娘は
思いもしないだろう。


何食わぬ顔で帰ってやろうぜよ、息子よ。




で、どうにか帰ってきましたよ。
見慣れた道に出てきた時、大げさかもしれんけど
生の喜びを大いに感じた。

ガソリンスタンドに辿り着いた時は、二人のテンション上がりまくり(笑)
たっぷり飲んだね、タンク容量きっちり入った(こんなの初めて)


我々が彷徨った山道での走行距離は約60kmちょっと。
たった60kmぐらいかと思われるだろうけど、地図で見るとビックリルートを走ってきたんだと思い知る。
感覚では平坦路の300kmぐらいに匹敵するのでは無いかと。(疲労度はもっと上だが)






最後に
















何やりゆがな、俺・・・

IMG_20170507_090928_733_convert_20170508210603.jpg


 にほんブログ村 車ブログへ
お父さんじゃなかったら絶対に帰ってこれてないぞ~って息子に言う私(笑)
次は四駆にする。
プロフィール

二代目

Author:二代目
ボディショップ服部のブログへ
ようこそ!
高知県香南市の車屋です。
完全に仕事そっちのけな
内容となっております^^;
リンクフリーですき、勝手にどうぞ~

FC2カウンター
ランキング参加してます。
おっ!これに気付いたかえ? ほいたらCtrlを押しながら3つとも全部押して欲しいがよ。 おおきに~m(__)m 今日もHAPPYになれます様に・・・

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
潮汐表
高知県-高知
提供:釣り情報フィッシングラボ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア